鴻巣水曜ロータリークラブ 鴻巣水曜ロータリークラブ 鴻巣水曜ロータリークラブ

このページは本年度の部門の活動方針となっております。


クラブ管理運営部門

高潔性というロータリーの価値観に従い、
DEI(多様性、公平さ、インクルージョン)を推進し、
組織として自分たちの立ち位置を正直かつ透明性をもって見据え、
そして学び、向上し続けていくことに心を尽くし全力で真摯に取り組みます。


公共イメージ・会員増強維持部門


1  ロータリーの存在意義・活動意義をPRする。
2  ソーシャルメディア(LINE・FB・YouTube・Twitter)を積極的に利用
3  地区内のイベントのPR啓蒙
4  報道機関、行政機関、地域のリーダー、一般の方にロータリー活動を正しく伝える。

ソーシャルメディアとは…代表的なものとしては、「食べログ」などの口コミサイトや
動画共有プラットフォームの「YouTube」、
そして日本ではSNSとして利用者も多い「Twitter」や「Facebook」などがあります。
そのようなブログや動画共有サービス、写真共有サービスなどを
ひっくるめてソーシャルメディアという


奉仕プロジェクト部門

木下会長の方針に基づき「参加」・「親睦」・「調和」を目指し活動を致します。

 そのために各委員会へ委員会開催(合同開催を含む)を促し
会員間のコミュニケーションを図ることにより、
出席・参加意識の向上と親睦を深めクラブとしての調和を醸成するよう努めます。


青少年奉仕部門

人と人とのコミュニケーションがコロナ禍で遮断されてきましたが、
今年度会長方針に沿い青少年奉仕活動を支援してまいります。


ロータリー財団・米山記念奨学部門

財団はロータリーの中心的役割を果たしております。
特に資金的運用面、貴重な財源が世界の各地で生かされております。
ロータリアンとして、理解とご協力をお願い申し上げます。 

文部省から1967年に米山梅吉氏の功績を記念して認可され、
財団法人ロータリー米山記念奨学会が設立されました、ロータリー米山記念奨学事業は
全国のロータリアンの寄付を財源として日本で学ぶ私費外国人留学生に
奨学金を支給・支援する国際奨学事業です。